MR

MRについてのページです。
営業職経験を活かしMRとして働きたい方への求人情報を幅広く提供しています。

MRの求人情報を見る

MRとは

医薬情報担当者(Medical Representatives)は、担当エリアの病院や薬局に対し、自社の医薬品の「情報提供」と製品の「普及・拡大」を行い、その薬の適正な使用に向けて様々な情報を医療従事者に提供する事が主な業務です。

  • 情報の提供:医療施設(大学病院、国公私立病院、開業医、薬局)を訪問し、治療のために医薬品を処方する医師・薬剤師に面談して、その医薬品の特長、有効性、副作用、使用上の注意などの情報を学術論文やパンフレットを用いて説明を行います。

  • 情報の収集:医療機関を訪問し、医薬品情報(有効性、安全性、品質)の収集を医師などから行い、自社の関連部門に連絡します。また、必要に応じてその後に取った措置を医師へフィードバックすることも行います。さらに、自社の医薬品の使用した症例成績の収集も行い、自社へ報告するという業務もあります。実際の医療現場では、医薬品や医療機器が治験の段階とは異なる状況下で使用されることもあり、治験では分からなかったその製品の効果や副作用が発生する場合があります。販売前の臨床試験では得られなかった未知の副作用情報をいち早く集め、その防止を図るために行います。

  • 情報の伝達:自社製品に関する緊急な安全性情報(承認の取り消し、重篤な副作用の発現、用法・用量の変更など)を医療従事者に迅速かつ正確に期限内に伝達することが求められています。

  • クレーム処理:製品に関する医療機関からのクレームを会社に伝え、改善結果を報告すます。
キャリアアドバイザー
岡田
「やりたい仕事・給与・プライベートのバランス」「今後のキャリア」ビジネスライフの中で一度は頭を悩ませるテーマだと思います。
「仕事に求めるものは何なのか」数年先、それ以上先の未来を一緒に考え「成功と言える転職」のお手伝いをさせて頂きます。

MRへの転職事例

20代 男性

ゼネラリストMR(年収550万)
職の今後に不安を感じ、将来性のある製薬メーカーのMRを目指して転職活動を開始。今までのMR経験や活動内容、それに将来性を感じさせる面接での回答や態度が面接官に高評価で、希望する国内系製薬メーカーへのMR転職を成功。

30代 男性

スペシャリストMR(年収730万)
外資系製薬メーカーのMRとして活躍していたが、より開発力のある製薬メーカーでの専門MRを目指し転職を決意。年収は横ばいであるが、優秀な成績が高く評価され、スペシャリティMRとしての転職に見事成功。

30歳 女性

エリア特化MR(年収660万円)
外資系製薬メーカーのMRとして活躍していたが、結婚を機に退職。その後、出産を経るも、育児は家庭内で支援していただけるため、地域限定で転職活動を開始。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。年収もUPし、勤務地も希望が叶う。

40歳 男性

他職種(開拓営業)へMR(年収500万円)
国内系製薬メーカーでMRとして活躍してきた後、生命保険会社営業に就く。その間、自己の能力を発揮できるのは、医療業界であると認識し転職を決意。MRとしての経験・実績とポテンシャルを高く評価され、医療モール開拓営業職として国内企業への転職が成功した。

MRの求人情報を見る

薬剤師転職のメディカルプラネット
看護師プラネット